新型コロナウイルスの影響で渡航中止勧告(2020年3月31日)

マスク

新型コロナウイルス、COVID-19の影響はまだ続いていていて、2020年3月31日には、日本で、「全世界に対する感染症危険情報の発出」が発表され、マレーシアを含む49か国・地域に対し,感染症危険情報レベルをレベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告))に引き上げされました。

その他の国や地域に対しても、危険情報のレベル2が出ています。「レベル3の国・地域を除く,全世界に対し,感染症危険情報レベルをレベル2(不要不急の渡航は止めてください。)に引き上げ」と書かれていました。

しばらくは、マレーシアを含む海外旅行ができない状況になっています。

参照元

スポンサーリンク

マレーシアでの入国も、外国人渡航者は禁止に

マレーシア側の対応としては、

3月18日から,外国人渡航者の入国を全て禁止する(注:出国は可能。)

となっており、外国人渡航者の入国禁止措置がとられています。コロナ対策は、刻一刻と進展しているので、解除されているかどうかの最新情報は、各自で外務省のホームページ等で確認するようになさってください。

参照元

まとめ

日本側からの発表 → 渡航中止勧告(感染症危険情報レベル3)、2020年3月31日より

マレーシア側の方針 → 外国人渡航者の入国禁止(出国は可能)、2020年3月18日より

2020年4月10日現在、マレーシアに新たに渡航できない状況となっていますが、これらの制限が解除されるかどうかは、また各自でも最新の情報を確認するようお願いいたします。

また、感染を広げないよう、予防対策をしっかりとっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク