マレーシアではGrabタクシーが便利!

Grab

マレーシアの旅行では、目的地までの移動手段として、Grabというアプリを使ったタクシーのサービスがとても便利です。グーグルマップなどの地図に目的地を入れれば、上手に場所を説明できなくても、目的地まで乗せて行ってもらえます。

スマホを持っているなら、Grabアプリを入れておくのがおすすめですよ。

現在、自分がいる地点の周辺にいる車(Grabドライバー)がアプリ上でもわかるようになっていますし、ドライバーにも、アプリを利用しているときには位置情報が送られるので、こちらの場所がわかります。

近くにいるGrabドライバーが、自分のところまで迎えに来てくれるという、とても便利なサービスです。

配車を頼む際にも、アプリ上で操作するだけです。

依頼する前に、料金がいくらかかるかも表示されるので、安心ですよ。

今回は、Grabサービスについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

Grabアプリのインストール

Grabアプリを入れておきます。インストールは、日本にいるときにもできます。

Grabアプリ

Grab Superapp
フード/ドリンク, 旅行無料

今のところ、日本ではこのタクシーサービスを利用できないので、実際の使い方などは、現地に行って利用しながら覚えていくことになるでしょう。

料金の支払いは、はじめは運転手の人に現金で支払うことにすれば、クレジットカード番号を登録していなくても利用できます

初回は、一度はGrabを利用しないと、カード登録ができないようになっていました。

慣れてきたら、クレジットカードで引き落とされるようなっていると、細かいお金のやり取りをしなくてよいので便利になりますね。

クレジットカードの関連記事

はじめてでも大丈夫?

Grabアプリは、外国からの観光客にもよく利用されているサービスなので、初めて利用する人にも親切でした。

評価の星がついていなくても、予約したら、あっという間に迎えに来てくれました。

空港や観光スポット、ホテルや大通りの近くだと、グラブタクシーを見つけやすいと思います。

深夜に到着しても、空港ではすぐに見つけることができました。

グーグルマップでホテルの名前や住所などを入れてピンを立てているので、英語などが苦手でも、目的地を正確に伝えることができます

ドライバーさんが到着すると、アプリを通して目的地が表示されているとはいえ、確認のために「目的地はどこですか?」ということを聞かれると思います。

ホテルを予約した時の画面や、印刷したものを持っているなら、見せることもできますよ。ホテル名や住所が載っているので、確認に便利です。

ホテルの関連記事

海外旅行で空港からホテルの移動はどうしたらいい?

マレーシアのホテルに泊まる時には観光税(1泊10RM)がかかるよ

航空券・ツアー・ホテルの予約のおすすめサイトは?

Grabの基本的な使い方

Grabアプリをインストールして、名前やEメールなどを登録しておきます。

タクシーを呼びたいときには、グーグルマップを開き、ピンで目的地に印をつけます。

グーグルマップ
グーグルマップ

ピンのところをタップして、経路を示すところをタップします。

すると、タクシーを呼んでる人のマークがあるので、そこをタップします。

タクシー
タクシー

タクシーを呼ぶという項目が出てきます。

そこで、Grabアプリを開くというところをタップすると、アプリが開き、すぐにタクシーを呼べるようになります。

(すでに目的地が設定された状態になっています。)

近くにいる車が表示され、目的地までの所要時間や料金も表示されます。

そこで、決定してタップすると、ドライバーさんが割り当てられます。

ドライバーが決まると、ドライバーさんの名前、顔写真、車種、車の色などの情報が表示され、電話やメッセージのやりとりができるようになります。

スマホの位置情報機能が自動的に送られているので、基本的にはそのまま待っていて大丈夫ですが、互いの場所を確認したい時などには、電話やメッセージが便利です。

目的地の確認などをし、到着したら料金を支払います(現金の場合)。

顔写真を登録

最初に利用するときには、顔写真を1枚登録します。

ドライバーがこちらを見つけやすくするためです。

Grabタクシーを呼んで、来てもらうときには、ドライバーさんの顔写真と名前が表示されます。

まとめ

比較的、人が集中している都市部でしか利用できないようですが、空港やホテル、観光地の周辺で使うには、ぴったりなサービスです。

料金もリーズナブルです。カードでの支払いも登録できますし、乗ったときに現金で支払うこともできます。

空港で待機している通常の空港タクシーよりも割安な料金で目的地まで連れて行ってくれますし、Google マップで示せば、説明も簡単ですね。

空港ではフリーWiFiが使えるので、すぐにアプリが使えます。ホテルや観光先でも使うには、地元でSIMカードを入手する(おそらくコスト面で一番お得)か、日本からレンタルWiFiを持って行ったり、日本のSIMを海外でも使える設定にしていくなどの方法があります。

【Grabアプリ】

Grab Superapp
フード/ドリンク, 旅行無料

関連記事

海外でのインターネット(SIM・WiFi・通話アプリ)

海外旅行用WiFiレンタルサービス、イモトのWiFi

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク