飛行機の中でよく休める安眠グッズは?

ネックピロー

海外旅行に行くには、意外と体力が必要ですね。

体力をつけておくのも良いですが、旅行中に上手に休憩するという工夫もできますよ。

例えば、飛行機に何時間も乗っている間、よく眠れたりリラックスできると、だいぶ疲れが和らぎます。

旅行中は、楽しいので、いつも以上に元気がでるものですが、上手に体力を温存したり回復できる方法も知っていると、もっと旅行が楽しめることでしょう。

今回は、飛行機の機内で、よく眠るためのグッズを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アイマスク

【アイマスク】

飛行機で眠ろうと思うと、まず浮かぶのがアイマスクです。

まわりに人が座っているのは変えられないですが、アイマスクで視界を遮って暗くすることで、気を散らされずに休むことに集中できます。

夜間のフライトの場合、しばらくすると機内の照明を暗くしてくれるので、さらに休みやすくなるでしょう。

最初、アイマスクをつけるのに照れてしまうかもしれませんが、疲れているときには、持ってきて良かったと思えるはずです。

耳栓

【耳栓】

眠りにつくまでに、まわりの音が気になる場合にとても役立つのが耳栓です!

とても軽くて小さなグッズですが、音によるストレスをかなり軽減してくれるアイテムです。

耳栓をしても、少しの音は聞こえますが、ぼんやりと聞こえるような感じになるので、それほど困らないと思います。

「機内食を配ります」とか、

「乱気流で揺れますので、ご注意ください」

などのアナウンスが聞こえた方が良いこともありますよね。

イヤホンで音楽を聞いて、周りの音をかき消すこともできますが、ずっと音を聞いていると脳が休まりにくいこともあります。

音楽を特別楽しみたいわけでもなく、ただ音を遮りたいだけならば、耳栓の方がおすすめです。

周りの音が気になりがちな人には、耳栓があるとよさそうです。

ネックピロー(首枕)

【ネックピロー】

うたた寝をするときに、首が痛くならないように助けてくれるのが、ネックピローです。

U字型になっていて、首の後ろにすっぽりと当てられるようになっています。

ベッドではなく、飛行機のシートに座った状態で居眠りすると、どうしても首がカックンとなってしまうことがあります。

もし、ネックピローがあれば、首のまわりを優しく包み込んでくれるので、カクッとならなくなります

せっかく眠れても、あとで首が痛くなってしまうことを予防できます。

空気を入れるタイプも売っていますが、ビーズや低反発の素材などが詰まっているタイプのほうが、寝心地が良いですよ!

(関連:ネックピロー

マスク

【マスク】

飛行機の機内は、けっこう乾燥しています。

それで、眠っている間は意識がないかもしれませんが、起きたら喉がカラカラになってしまうことがあります。

風邪をひいていなくても、眠る前にマスクをしておくと、喉の保湿ができます

また、近くに風邪をひいている人がいても、マスクをしていれば菌やウイルスを吸い込むのを予防することもできますね。

かさばらず、重たくもない物なので、機内持ち込みの荷物に入れておくと何かと便利かもしれませんよ。

ホテルの空調で喉が痛くなりやすい人は、宿泊先のホテル用にも用意しておきましょう。

【ピッタマスク】

毛布(ブランケット)

【ブランケット】

機内は、けっこう冷えることがあります。

夏の場合、服装が薄着になっていることが多いので、寒さを感じやすいですね。

上着やひざ掛けなどを持っていれば安心です。

格安航空(LCC)では、毛布が有料になっていることもあります。航空会社によっては、無料で貸し出ししてくれることもあります。

LCC関連記事

まとめ

アイマスク、耳栓、ネックピロー、マスク、毛布を持って行くとしたら、飛行機の中に持ち込む方のバッグに入れるようにしましょう。

(関連:飛行機の預け荷物に入れてはいけないもの

しっかり休めると、飛行機を降りた後がラクになりますよ。

特に夜間のフライトの場合、しっかり寝ておくのがおすすめです。

持ち物の関連記事

海外旅行の持ち物をそろえよう

飛行機の窓側と通路側の座席 どちらがいいか?

良質な睡眠をとろう!旅の疲れから早く回復するには

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク