ワンタンフォー(Wan Tan Ho)はどんな味?

ワンタンフォー

マレーシアで朝ごはんに寄ったお店で、ワンタンフォーを注文しました。

写真を見て、少しあっさりしたものを食べたかったので、スープ系にしてみました。

マレーシアのカフェは、8時前後に朝食をとる人で賑わっています。

軽く済ませたいなら、すでにテーブルの上に用意されているナシレマやパンに、飲み物をオーダーすることもできます。通常は、食後にテーブルで、またはレジカウンターに行ってお会計します。

朝食についての記事

マレーシアのおいしい朝ごはん、トムヤム他
マレーシアのおいしい朝ごはん、トムヤム他
東南アジアらしいメニューの「トムヤム」を食べに行きました。辛そうな赤いスープの表面ですが、絶妙な辛さでおいしいです。辛さは、注文のときに辛さ控えめとか多めとか、リクエストに応えてもらえます。

ワンタンフォーというと、ランチメニューにもできるくらいのボリュームがありますが、揚げ物ではないので、胃にもたれにくいです。

スポンサーリンク

ワンタンフォー

このお店では、シーフードの具材でした。エビとイカです。

写真で見ると、うどんのような色と太さですが、イカリングでした。

お店によっては、鶏肉(アヤム)の具材も選べたりします。

オーダーの際に、食べたい具材を指定して注文することもよくありますよ。

マレー語で言う食材の単語

マレー語での肉・魚介類・卵は何というか?
マレー語での肉・魚介類・卵は何というか?
お肉や魚を買うときには、マレー語でも何というかを知っていると便利です。 見た目だけでわかることもありますが、何のお肉なのか分かったほうが、...

野菜もたくさん入っていて、キャベツと濃い緑色の菜っ葉(小松菜のような味)などがあり、ヘルシーな感じがします。

溶き卵でとじてあり、スープにはとろみがついています。

麺は、短くて太めのきしめんのような感じです。やわらかいですが、簡単に切れるほどではなく、短めなので食べやすいです。

フォークとスプーンでも食べられます。お店にはプラスチック製の箸も置いてあります。

味付けは、わりとうす味です。

スープのベースは、中華スープのような感じです。

量は、ゆっくり食べていると麺がのびてくるので、増えます。あっさりしているので胃にもたれにくいですが、お腹いっぱいになるくらいの量は入っていました。

マレーシアの料理は、揚げ物だけでなく、炒めものでも油をたくさん使っていて、油っこいものが多いので、あっさり味のメニューも知っていると、バランスを取ることができますね。

麺の種類が色々

ワンタンフォーは、比較的うどんに近い感じの味です。

麺の種類としては、ラーメンや焼きそばのように黄色い麺(ミー)、米粉でできた麺(ミーフン)、ワンタンフォー(細長いワンタン麺)、板麺(パンミー)などがあります。

パンミーも、白くて長い麺ですが、ワンタンフォーよりもう少し厚みがあります。ワンタンフォーよりもうどんに近いかもしれません。パンミーは、うどんよりも麺が太いです。

まとめ

チャーハン(ナシゴレン)や、揚げたチキンなどの油っこい料理が続いてきて、あっさりしたものが食べたくなった時に、ワンタンフォーはおすすめです。

スープは中華系な感じで、うどんのつゆほどはあっさりではないですが、わりとうす味で食べやすく、美味しいと思います。

マレーシアの食べ物についての記事

マレーシアの食べ物
マレーシアの食べ物
中華系、インド系の人も一定の割合で暮らしているので、中華料理やインド料理店も多くあります。それらのお店でもマレーシアらしさが合わさっています...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク