マレー語での肉・魚介類・卵は何というか?

肉

お肉や魚を買うときには、マレー語でも何というかを知っていると便利です。

見た目だけでわかることもありますが、何のお肉なのか分かったほうが、安心して食べられるからです。

飲食店では、食べ物を注文するときに、何の肉(たいていは、鶏肉あるいは豚肉)か、あるいはシーフードが良いかということを聞かれることもあります。

元のメニューに、すでにチキンチャーハンなのか、シーフードのスープなのか、すでに選択肢として書かれていることもあります。

メニューを見るときにも、肉の種類が分かると、どんな料理か想像できるようになりますね。

今回は、肉や魚系の単語について書きたいと思います。

スポンサーリンク

肉の種類

日本語 マレー語 発音
鶏肉 ayam アヤム
豚肉 babi バビ
牛肉 lembu ルンブ
ヤギ肉 kambing カンビン

チャーハン(ナシゴレン)など、レストランで一般的なメニューを頼むときに、鶏肉、豚肉、シーフードなどの中から好きな種類を選ぶことができたりします。

ヤギ肉は、日本ではなかなか食べる機会が少ないですね。

普段の料理では、屋台のサテーなどにヤギ肉が使われることがあります。

何の肉かわからない時は、アヤム(鶏肉)かバビ(豚肉)かカンビン(ヤギ肉)か聞いてみるとよいでしょう。

魚介類の種類

魚

日本語 マレー語 発音
ikan イカン
イカ sotong ソトン
カニ ketam クタム
エビ udang ウダン

シーフード料理が得意なレストランで使いたいですね。

マレーシアは、半島や島になっていて海が近い地域が多く、シーフードも美味しいです。

ただ、気温が高いので、食中毒などにならないよう、手を洗ったり消毒したり、時間が経ったものは食べないなどの予防をするといいですよ。

食中毒予防の関連記事

東南アジアで気をつけたい食中毒ー予防対策のまとめ
東南アジアで気をつけたい食中毒ー予防対策のまとめ
東南アジアの旅行先で食中毒にならないために、手の消毒やお店選びなど予防できる事柄をまとめてみました。暑い気候の地域では、細菌が増えやすいので、とくに注意が必要だと思います。日本でも梅雨や夏場には同じように気をつけられます。

卵、乳製品

日本語 マレー語 発音
telur トゥルー(ル)
牛乳 susu スス
ヨーグルト yogurt ヨーグルト
ソーセージ sosej ソーセッ(ジ)

 

まとめ

マレーシアでは、宗教的な理由で豚肉を食べない人が一定の割合でいるので、鶏肉料理がわりと多いような感じです。

中華料理店では、豚肉や牛肉などのメニューもいろいろとあります。

マレーシアの中華料理では、肉骨茶(バクテー)という通常は豚肉を煮込んだ料理が美味しいです。

また、鶏肉やヤギ肉での焼き鳥のような、サテーというメニューもマレーシアらしい感じがします。サテーは、屋台のようなお店によく売っています。

色々なものを食べると、旅の思い出になりますね!

(関連して、「マレーシアの食べ物」の記事もどうぞ。)

【航空券を探せるサイト】

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp

【旅行で使えるマレー語がたくさん載っています】

※  マレー語の関連記事

マレー語での野菜の名前を見てみよう

おすすめのマレー語学習本は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク