三菱UFJ銀行に行名変更(旧三菱東京UFJ)による影響は?

ATM

2018年4月1日より、旧三菱東京UFJ銀行が、「三菱UFJ銀行(英文名:MUFJ Bank,Ltd.)」に銀行名が変更になりました。

以前、銀行の合併の際に、名前が変更した時には、銀行名が長くなってなかなか覚えにくかったのですが、今回は名称が短くなって、書類に銀行名を書いたりするのも楽になりそうです。

ただ、しばらくは以前の銀行名で慣れてしまっていたので、ひょっとしたら間違えそうになるかもしれませんね。

少し前から、2018年4月1日より名称が変更になるというお知らせが来ていましたが、今回は、こうした変更に伴って、私たちが必要になる手続きはあるのか、お問い合わせページの情報を基に、まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

通帳やキャッシュカードはそのまま使用可

カード
カード

Q & A のところに、これまでの通帳やキャッシュカードがそのまま使えると記載されていました。

「ご利用中の通帳・証書、キャッシュカード・当座カード・ローンカード、クレジットカード、デビットカード、その他、当行発行のカードおよびお手元の帳票類は、これまで通りご利用いただけます」

とのことです。

窓口で作り替えることになると、なかなか手間と時間がかかるので、この手続きをしなくて良いのは助かりますね。

通常、キャッシュカードは、作り変えて新しく受け取るとしたら、その場では発行されず、1週間ほどかかったあと、免許証の提示や、印鑑またはサインが必要なので、あまり何度も手続きしたくないものです。

振込み

給料振込みに関して、必要に応じて会社側に変更を依頼する必要があります。

振込先銀行名を「三菱UFJ銀行」に変更してもらいましょう。

なお、旧行名で振込があった場合には、平成30年6月29日(金)までは新銀行名に読み替えて入金されるそうです。

公共料金・クレジット・各種料金などの自動引き落とし

引き落とされる側としては、新たな手続きは必要ないそうです。

インターネットバンキング(個人向け)

三菱UFJ銀行
ファイナンス無料
Screenshots

インターネットバンキングの各種サービスや現在利用している契約カードなどは、引き続き利用できます。

VISAデビットカードの場合

三菱UFJデビットと、名称が変更になっています。これまで通り、そのまま利用できます。

サービス内容もこれまでと同じで、デビットカードを申し込むと、クレジットカードのようにカードで決済したり、国内や海外のATMより、現金を引き出すことができるようになります。

使った分だけ口座から即時に引き落とされるようになっていて、現金感覚で使えるカードです。

VISAデビットのほか、JCBデビットも申し込めるようになっています。

通常、年会費がかかりますが、初年度および23歳以下は年会費無料です。

また、年間10万円以上の利用があると翌年の年会費(通常1,080円(税込))が無料になります。

海外のATMより、現地通貨に換算して現金を引き出すことができるところが、旅行の際に便利だと思います。

※ 関連記事

VISAデビットカードで地元ATMから現地通貨を引き出すには

VISAデビットカードとクレジットカードの違いは何?

旅行で利用するときに関係すること

クレジットカードの引き落とし先にしている場合や、VISAデビットカードやキャッシュカードの利用、また、残高照会などのインターネットバンキングを利用する際に、新たに必要な手続きはないようです。

振込などを利用するなら、三菱UFJ銀行と新しい名称を使用します。給与振込の場合、必要に応じて会社に新名称へ変更を依頼しましょう。

公共料金などの引き落としに関して、変更する手続きはありません。

その他のサービスについてなど、

詳しい内容は、三菱UFJのホームページ等で確認するようにしてくださいね!

まとめ

基本的に、ごく一般的な個人の利用者は、ほとんど変更の手続きをする必要がないようです。

今後、何かの手続きで銀行名を記入したり登録するときや、振込などを利用する際には、「三菱UFJ銀行」と新しい名称を記入するようにしましょう。

※ 関連記事

東南アジア諸国の通貨の単位

海外旅行におすすめのクレジットカード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク