海外旅行にドライヤーを持っていかなくて大丈夫?

ドライヤー

旅行の準備をしている時に、ドライヤーを荷物に入れようかどうか迷うかもしれませんね。

電圧の違う地域に行くなら、「海外対応のドライヤーにする」か、「持って行かない」の2択でいいと思います。

日本用のドライヤーに変圧器の組み合わせはおすすめできません

ドライヤーは、変圧器の許容量を超えてしまうからです。

今回は、旅行のときのドライヤーについてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

ドライヤーは変圧器の許容量を超えてしまう!

変圧器
変圧器

変圧器があったとしても、ドライヤーやアイロンなどは、「変圧器の許容量を超えてしまうため、使えません」と変圧器の説明書に書かれていることが多いです。

それで、海外対応のドライヤーを使わないと、せっかく変圧器があっても使えません

変圧器は、主にスマホやタブレット、パソコンの充電用に使うことが多くなると思います。

※ 変圧器と電源プラグの関連記事

海外対応の電化製品にしよう

【海外でも使えるドライヤー】

マイナスイオンが発生するタイプの、海外と国内の両用ドライヤーです。ホテルのドライヤーでは物足りないなら、お気に入りのものを持って行くといいですね。

海外の電圧でも使えるようになっています。

日本でも購入することができるので、使いやすいドライヤーを持っていきたいと思うならば、海外旅行用のドライヤーを選ぶといいと思います。

その際、コンセントの形状が日本とは違うので、差し込めるようにアダプタが必要になります。

各国のプラグの形状に合わせるのが、最初はちょっと難しいかもしれませんが、コンパクトで便利です。いろんな国で使えるタイプの変換アダプタです。

【コンセント用の変換アダプタ】

日本から持って行った充電器も、このような変換アダプタでコンセントの形状さえ合わせれば、そのまま使えたりします。

(関連して、「海外旅行に携帯充電器を持って行くときの注意点とおすすめ」の記事もどうぞ。)

ホテルにドライヤーがあれば使えるよ

ホテル
ホテル

宿泊するホテルには、普通の値段が高くないところでも、たいていはドライヤーが置いてありますので、使うことができます。

ホテルのドライヤーでも、十分に髪を乾かすことができます。

マイナスイオンが出たり、くし付きのドライヤーではないことがほとんどなので、使いやすいドライヤーが良ければ、自分のものを持っていくいと良いかもしれませんね。

※ ホテルを探す

現地で購入することもできるよ(長期滞在向け)

コンセント
コンセント

もしも、ある程度まとまった期間滞在するのであれば、現地の電気屋さんでドライヤーを購入することもできます。

電源プラグが現地に対応しているので、そのまま使えます。

マレーシアの場合、写真のような形状のコンセント(BF型)が使われています。日本のコンセントプラグに比べると、大きく感じます。

電圧は200V、周波数は50Hzです。

旅行の荷物は軽くするのがおすすめ

旅行用のスーツケースに空きスペースがあれば、いろいろ持って行っても問題ありませんが、いつの間にか荷物は増えてしまいやすいです。

荷物は少なくて軽いほうが、動きやすくなるのでおすすめです。

それで、ドライヤーも旅行カバンの空きスペースに合わせて、持っていくか決めても良いかもしれませんね!

飛行機に乗る際には、電池式のドライヤーは、持ち込まないようにとのことです。

※ 荷物に関連する記事

海外旅行の持ち物をそろえよう

旅行に最適なスーツケースのサイズは?

飛行機の預け荷物に入れてはいけないもの

まとめ

海外旅行に行くときには、ドライヤーは持って行かなくても良いかもしれませんね!

もし、使い慣れたものが良いのであれば、海外の電圧にも対応したものにして、電源プラグが差し込めるようにアダプタも用意しておくといいですよ。

【旅行の準備に】

海外旅行はエイチ・アイ・エス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク