ワッツアップアプリを機種変更で引っ越す方法

スマホ

通話やメッセージに使っているアプリは、機種を変更するときにデータが消えてしまうかもしれないのが、心配になりますね。

これまでの写真や、メッセージの内容がなくなってしまうと寂しく感じます。

先日、機種を変更したときに、ワッツアップも移動させたら、思ったよりスムーズにできて、ほっとしました。

移動させるまでは、心配で気が進みませんでしたが、ほとんどデータを移動できて、まるで前の機種で使っていたように復元できました。

機種変更もスムーズにできるようになっている、優秀なアプリだな、と思います。

今回は、機種変更の際のワッツアップの引っ越しの仕方についてです。

スポンサーリンク

WhatsAppチャットや写真のバックアップをとろう

機種変更を始める前に、以前の機種でバックアップの設定をしておきます。

チャット一覧が出ている状態で、

ワッツアップの右上のたて3つの点のボタン(設定)をタップ

WhatsApp

WhatsApp

チャットを選択する

チャット

チャット

チャットバックアップをとるという項目が出てきます。

バックアップ

バックアップ

バックアップの頻度を選択します。

頻度

頻度

「毎週」や「毎月」などが適度な頻度だと思います。

SIMカードによるデータ通信量を節約したい場合

WiFi経由の時のみバックアップを取る設定にする

・SIMカードのみで利用するなら、「Back up」タップ時のみ「毎月」といったバックアップの頻度を落としておく

ビデオ(動画)はバックアップを取らない

などで対策できます。

ただし、バックアップしていないデータは復元できないので消失します。もしもスマホを急に落として壊したり失くしてしまったときには、手動でバックアップが取れないので、日頃からバックアップの頻度を高くしておいた方が、最新のデータまでしっかり新しい機種で復元できます。

さらに進むと、

ビデオにもチェックボタンを入れると、ビデオも保存できます。

バックアップ先は、グーグルドライブにしました。

初回のバックアップ時には、利用したいグーグルアカウントを設定しましょう。

iPhoneの人は、保存先にiCloudも選べます。

保存できるもの

・チャット

・写真

・ビデオ

チャットの内容と、チェックボタンを入れると、ビデオクリップなども保存できます。また、連絡先も保存できます。

グーグルドライブを利用する場合

だんだんと、WhatsAppの利用歴が長くなると、バックアップしたいデータ量が増えていきます。データ通信量を節約したい人は、バックアップ設定をWiFi経由にしたり、頻度を遅くできますよ。

最近、グーグルドライブに保存する場合、WhatsAppのバックアップデータの容量をカウントしないというサービスに変更になっています

ただし、1年などの一定期間に利用がない時には、データ保存期間が終わる(バックアップしていたデータが消える)などの条件があります。

普通の利用であれば、仮にバックアップをタップせずに放置したことによって、バックアップデータが消えていても、WhatsAppアカウントが生きていれば、再び手動でタップして新しくバックアップすれば問題ないように思います。

バックアップの関連記事

ワッツアップのグーグルバックアップの変更が実施される(2018年11月12日より)
ワッツアップのグーグルバックアップの変更が実施される(2018年11月12日より)
WhatsApp(アンドロイド版)では、チャットのバックアップをGoogle driveに保存しておくことができます。 先日、お知らせ...

新しい機種で

WhatsApp Messenger
ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ無料

バックアップを取れていることを確認したら、新しいスマホのほうで、設定をしていきます。

ワッツアップのアプリをダウンロードして、電話番号認証をします。

このときに、電話番号あてに、認証コードがSMSで届きますので、SMSを受け取れる状態で、ワッツアップの移動をはじめるようにするといいですよ。

注意点として、

SIMカードの有効期限の切れた、あるいはすでに解約している電話番号をそのまま使ってワッツアップを新しい機種に移動させることはできません。(その番号あてのSMSメッセージを受け取れないため。)

バックアップから復元する時に、保存先のグーグルドライブを選択すると、それまでのチャットのメッセージのやりとりや、写真などそのままデータが復元されます!!

連絡先だけではないところがGOOD

メール

メール

LINEの場合、機種を変更すると、そのままトークの内容を復元することはできないので、このワッツアップの復元力は素晴らしいです。

LINEでは、トーク内容をデータとしては保存できるようですが、画面には残せません。

一方で、このWhatsAppでは、機種を変更しても、前のスマホをそのまま使っているように感じます。

注意点

一度に同じアカウントで使えるスマホは一つだけなので、データの移行が終わると、前の機種のワッツアップアプリは初期状態に戻ります。

ただし、WhatsApp Webの機能を使うと、PC画面からもワッツアップのメッセージの送受信ができるようになります。

その場合は、ワッツアップアカウントの入っているスマホを使ってログイン認証をする必要があります。

詳しくは

パソコンでのWhatsApp Webの使い方
パソコンでのWhatsApp Webの使い方
WhatsApp は、とても使いやすいので、よく使っています。 写真のやり取りをたくさんしていたら、スマホのストレージ容量が足りなくな...

まとめ

あとから確認したいメッセージや写真データがある時に、機種変更をしてアプリを移動させるのが心配になりますが、

ワッツアップでは、しっかりとグーグルドライブなどにバックアップを取っていれば、データをそのまま復元できるようになっています。

とても利用者に親切なアプリだと思います。

※ 関連記事

WhatsApp アプリの機能はシンプルで使いやすい

ワッツアップでスタンプが送れるようになりました!

skypeの無料通話と有料サービスの使い方

格安SIMで通信費を節約ー旅行資金を貯めるー

【SIMカード】

お客様満足度調査で総合1位に選ばれた格安SIM/IIJmio

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク