マンゴーの切り方

マンゴー

東南アジアらしいトロピカルフルーツのマンゴー。

日本ではめずらしいフルーツなので、どうやって食べるか、ちょっと迷うかもしれません。

美味しく食べられれば、どのように切っても問題ないのですが、

マンゴーを簡単に食べられる方法をひとつご紹介しますね。

スポンサーリンク

三枚おろし

マンゴー

マンゴー

まず、表面を水洗いし、

種の部分をよけて、平行に切り分けます

マンゴー

マンゴー

ちょうど、魚の骨の部分をよけて切る、三枚おろしの要領です。

魚をさばくよりも簡単です。

種のない部分に、格子状に切り目を入れて、最後にぐるっと皮をひっくり返すと、

果肉の部分が表に出て、食べやすくなります。

マンゴー

マンゴー

ポイント

マンゴーには、果実の真ん中に、大きく平べったい種がひとつ入っています。

三枚に切り分けるときに、どれだけ種にぶつからないように、なおかつ種ギリギリのところで切り分けるかというところが、主な腕の見せどころです。

種のまわりの部分も食べられますが、ちょっと食べにくいので、お客用に切り分けるときには、両端の果肉がサイコロ状になっているところを取り分けると、食べやすくて喜ばれるでしょう。

真ん中部分は、皮を包丁でむいて、そのままタネをよけながらかじって食べます。

タネに近い部分も甘く、酸っぱいということはないですが、センイが多く、ちょっとゴワゴワする感じはあります。

タネを植えると、芽が生えて、楽しめるそうです

植えてみたいな、と思いながらも、まだ試していません。

日本では、宮崎のマンゴーがおいしいですが、本州以北の地域では、甘いマンゴーを育てるには気候が合わないようです。

庭に柿や梅やミカンの木がなるように、マンゴーの木が家の近くでたくさん実をつけると、楽しそうですね。

マンゴーの別の切り方

マンゴー全体の皮をむいて、適度な大きさに切り分けると、皮もついていなくて、とても食べやすくなります。

ヨーグルトに入れてた食べるとおいしそうです。

皮をむくときには、ツルっとすべりやすいので、果実が転がっていかないように気をつけてくださいね。

ドライフルーツ

マンゴーを乾燥させたドライマンゴーや、ドライマンゴーの入ったマンゴーティーもおいしいです。

ドライフルーツは日持ちがするので、かえって使い勝手がいいかもしれませんね。

おいしいので、すぐになくなってしまうことのほうが多いですが、、

お店に売っていると、ついつい気になります。フィリピン産のドライマンゴーも有名です。

まとめ

マンゴーの三枚おろしの切り方、ぜひ試してみてくださいね!!

【フルーツの関連記事】

本場で食べたいトロピカルフルーツ
本場で食べたいトロピカルフルーツ
南国ならではのフルーツをまとめてみました。 トロピカルフルーツは、香りも色も独特で、美味しいものがたくさんあります。 日本ではな...

食べ過ぎるとマンゴーアレルギーになる?

パイナップルの切り方は?

【旅行準備についての記事】

海外旅行の持ち物をそろえよう
海外旅行の持ち物をそろえよう
海外旅行に行くときに、忘れたくない持ち物についてまとめています。パスポート、クレジットカード、ビザ、航空券のほか、スマホ、充電器、日用品、コンタクトレンズ、サングラスや日焼け止め、洋服、移動中の首マクラ、英語で言うとネックピローなど、持ち物チェックや旅行の準備の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク