台湾の地下鉄MRTの乗り方ー空港から市街に出るのに便利

ホーム

台湾に着いてから、市街地を散策するのに、MRTに乗ってみました!

うまく切符が買えるか、間違いなく乗って降りられるか、ドキドキします。

今回は、台湾のMRTの乗り方について書きたいと思います

スポンサーリンク

空港から直結した入口

台北の桃園空港から、MRTの案内を辿って通路を歩いていくと、スムーズにMRT乗り場まで行けました。

途中、エスカレーターで降りていくのですが、MRTまで行く手前に地下のレストラン街があって、そこのお店にも行ってみたくなりました。

空港のレストランで食べても美味しいのですが、地下街にもいろいろお店があるので、選択肢が広がりますね!

空港で乗り継ぎ待ちしている間にご飯を食べるとき、時間にある程度余裕があれば、歩いて行っても近いこの地下街で食事ができそうです。

飲食店の看板に気を取られていると、どうやら道に迷っているかMRT乗り場を探している人に見えたようで、

実際にMRTに乗りたかったのですが、

迷っていると案内係の人に、

「MRTに乗りたいの?」

「コッチだよ(^o^)」

と親切に教えてもらったので、やっぱりご飯は別のところで食べることにして、先にMRTに乗ることにしました。

切符売り場と改札口までバリアフリーにできていて、旅行用のスーツケースを転がしながらスムーズに行けました。

終電

終電

終電の時間は、夜の11時台まであるようです。

切符売り場にて

券売機

券売機

切符が日本と違って、磁気の紙ではなく、チップの形をしています。

中のICチップに情報が入っているので、見た目にはただのプラスチックです。

どうやって買うのかな、と券売機のそばで迷っていると、親切な案内の人が、

「1人分?2人分?」

と聞いて切符を買うのを手伝ってくれました。

チップ

チップ

日本のスイカのように、ICカードにチャージする方法もあるようですが、一回や二回しか乗らない観光客が利用しやすいように、1回分ずつでも買えるようになっています。

初乗り料金30台湾ドル、約120〜150円。

東南アジア諸国の通貨の単位
東南アジア諸国の通貨の単位
こんにちは、白原です。 マレーシアについてよく聞かれる質問ベスト7に入るのが、 「通貨って何?」です。 最初は、意外な質問...

運賃は、日本の電車より安いと思います。目的地がMRTの駅から近いなら、タクシーで移動するよりもお得です。

改札口では、チップをかざして通ります。

乗り心地

普通の地下鉄のような感じです。わりと新しく、設備が綺麗でした。

一度切符の買い方と改札の通り方がわかれば、次からは、別の駅でもスムーズに利用できそうです。

まとめ

台湾のMRTは、新しくてきれですし、値段も割安、お店の人も親切で旅行しやすいな、と感じました。

日本語で言ってくれるお店の人もいます。

買い物するにしても、ニーハオとシェーシェーの次は、中国語で簡単に数を数えるところから覚えるといいな、と思いました。

中国語は漢字表記なので、意外と意味がわかったりしますし、街並みも日本に近いように感じます。

台湾の食事も美味しいので、また遊びに行きたいな、と思います。

航空券・ツアー・ホテルの予約のおすすめサイトは?
航空券・ツアー・ホテルの予約のおすすめサイトは?
旅行の予約は、旅行代理店に依頼して、パックになったツアーを申し込んだり、航空券やホテルのみをそれぞれ予約するほか、航空会社などのホームペー...

台北の人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク