iPad用のUSBメモリにデータを移して容量不足の対策ができます

USB

iPadを3年ほど使っているので、だんだん空きのメモリの容量が少なくなってきました。

そうすると、「空き容量が不足しているためダウンロードできませんでした」

などと表示がでてしまい、そろそろ替え時なのかもしれないな、と頭をよぎります。

容量不足以外のことは、特に問題なく使えているので、もう少しこのiPadのまま頑張ってもらいたいところです。

今回のように、新しいアプリや写真を保存できないと不便です。毎回、残りのメモリ容量を気にしながら作業してしまうので、窮屈な感じがします。

それでも、本体が故障しているわけではないので、すぐに買い換えなくても対処法はあります。

どうするかというと、写真などのデータを移動させて、本体のメモリの空き容量を増やして使うのです。

パソコンにデータを移動させてもいいですし、iCloudやグーグルドライブなどに保存することもできます。また、データの代わりの保存先として、USBメモリを使えます。

実際にiPadに使えるUSBメモリを使ってみたので、今回まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

iPad、iPhone用のUSBメモリ

片方がアップル製品用のLightningコネクタ、もう一方がパソコンにつなげられるUSBになっています。

専用アプリをダウンロードしたあと、iPad本体にある写真などのデータを選択してからUSBにコピーすることができます。

下の写真では、USBを接続していませんが、USBを入れると写真ファイルを自由に移動することができます。

アプリ画面

アプリ画面

パソコンやインターネット接続なしでデータを移動できるのは便利だな、と思います。

メモリの容量は、32GBのタイプを選びました。

元々のiPad mini が32GBなので、写真などのデータだけ移動させるには、今のところ32GBのメモリがあれば十分に対応できそうです。

パソコンがないと困る?iPad用キーボードをつけたらまるでノートパソコンみたい
パソコンがないと困る?iPad用キーボードをつけたらまるでノートパソコンみたい
最近はiPadやスマホを使うようになったので、家では以前よりパソコンを使わなくなりました。 パソコンが嫌いなわけではないのですが、iP...

専用アプリ

アプリ

アプリ

iPadにつなげると、「専用のアプリをインストールするように」という案内が出ますので、ダウンロードします。

アプリの画面の下の方に、USB、本体と切り替えられるようになっているので、

「本体 →  USB 」 にデータを移したい場合には、本体のほうに切り替えておいてから、写真などのファイルを選択し、USBにコピーします。

【転送のスピード】

10GBほどある写真とビデオのデータをすべて選択してコピーしてみました。

さすがに、データ量が多いので30分以上かかりましたが、途中に中断することもなく無事にコピーできました。

とても便利です。アプリでの操作は、使いやすいと思います。

写真やデータをフォルダやアルバムに分けて保存しておくと、あとで探したいときに見つけやすいでしょう。

アプリなど、移動できない種類のファイルもあるので、元々のiPad本体の容量は多いほうが快適に使えると思います。

これからiPadを購入するなら、データ容量の大きいものがオススメです!

動画ファイルの保存・再生

USBメモリに入れておいた動画を、USBメモリをつなげながら再生することもできます。

動画は容量が多いので、USBメモリなどの外部メモリを活用すると、iPadの負担を軽減できるでしょう。

もしも、アンドロイドのスマホやタブレットにデータを移動させたいときには、アンドロイドロイドにも接続できるタイプのUSBメモリもあります。

まとめ

以前から、iPhoneやiPad用のUSBメモリがあると聞いたことがあり、どんなものか気になっていたので、今回実際に試してみることができて満足しています。

残り少ない容量を補うことができることに加えて、いざという時のためのデータのバックアップを残すことができるという点でもこのUSBメモリは優れものです。

新型iPad も出ているので気になるところですが、もうしばらく、現在使用しているiPad miniに頑張ってもらいたいと思っています。

iPadの関連記事

モバイルバッテリーの関連記事

海外旅行にモバイルバッテリーを持って行くときの注意点とおすすめ
海外旅行にモバイルバッテリーを持って行くときの注意点とおすすめ
海外旅行に行くときに、スマートフォンやタブレットを持って行く人が多いと思います。 旅行先では、すぐに充電できるとは限らないので、携帯...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク