マレーシアの時間と時差、マレー語の時間の言い方

外国語

こんにちは。

海外旅行で気になることの一つに、時差があるかもしれませんね。

マレーシアの標準時間は、クアラルンプールで、時差は日本からマイナス1時間です。

日本が朝7時だと、マレーシアではまだ朝6時です。

というわけで、朝は1時間余分に眠れます。

一方、夜は日本の方が1時間先に進んでいるので、マレーシアから電話するときには遅くなりすぎないようにしましょう。

旅行の際、時差が1時間で済むので、昼と夜の感覚はほとんどそのままで過ごせますよ。

今回は、マレー語での時間の言い方とマレーシアの朝について書きたいと思います。

スポンサーリンク

マレー語

【マレー語での時間の単位】

jam     ジャ(ム)     時間

minit     ミニッ(ト)     分

saat       サアッ(ト)     秒

秒は、saat   サアッ(ト) というようです。ふだんの会話で秒の話が出てくることはあまりないので、ついつい忘れてしまいがちです。

時間に細かくないのは、いいのか悪いのか、、

ちょうどいいくらいがきっと好まれますね。

今、何時ですか?

「今、何時ですか?」

Sekarang , jam berapa?     スカラン  ジャ(ム)  ブラパ ?

Pukul berapa?       プクル  ブラパ ?

という言い方もあります。

ジャム ブラパ?  が何時?で、

順番を逆にすると

ブラパ ジャム?   何時間?という、

かかる時間の長さをたずねる表現になって、意味が違うので注意です。

数字の数え方についての記事

マレー語の数字の数え方
マレー語の数字の数え方
買い物や、レストランで、注文の数や値段をいう場面で、マレー語の数え方を知っていると役立つかもしれません。 お店の人は英語がわかる人も多...

時間の伝えかた

朝9時

jam 9 pagi    ジャ(ム)  スンビラン  パギ

pukul 9      プクル  スンビラン

夜7時

jam 7 malam     ジャ(ム)  トゥジュ  マラム

pukul 7       プクル  トゥジュ

と言います。数字のあとにパギ(朝)、マラム(夜) をつけると朝か夜かわかりやすくなります。

半分は setengah を使い、6:30ならば、

6 setengah       ウナム  スタンガ

または、そのまま 6(ウナム) 30(ティガプル) と言います。am(エー エム)、pm( ピー エム)をつけても通じます。

amとpmの表記の仕方

6:00 am  のように、数字の後ろにam や pm を表記します。

12:00 のときには紛らわしいのですが、

12:00 am は午前0時

12:00 pm は正午を指すようです。

(関連して、「英語で12:00amと12:00pmは何時のこと?」の記事もどうぞ。)

何時間かかったの?

という表現の時は、逆にして

Berapa jam?     ブラパ  ジャ(ム)

と聞き、3時間かかったら、3 jam  ティガ  ジャ(ム)と答えます。

マレーシアの人は早起き

朝

朝の市場があると、早くから人が集まってきます。

学校も、午前の学年と午後の学年があり、午前の場合朝早くから授業が始まり、お昼ご飯は家に帰ってから食べるというパターンもあります。

というわけで、けっこう早起きの人が多いです。

昼間は暑くなるので、朝のうちに動いて用事をすませると効率がいいですね。

旅行の準備の関連記事

航空券・ツアー・ホテルの予約のおすすめサイトは?
航空券・ツアー・ホテルの予約のおすすめサイトは?
旅行の予約は、旅行代理店に依頼して、パックになったツアーを申し込んだり、航空券やホテルのみをそれぞれ予約するほか、航空会社などのホームペー...

※  マレー語についての記事

マレー語での自己紹介
マレー語での自己紹介
マレー語で自己紹介をしてみましょう。 あいさつや自己紹介のときには、はじめての人でも握手をするのが一般的です。おじぎはしないですが、マ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク