主食はやはりお米ですーマレーシアのごはんメニュー

ナシアヤム

麺やパオやパンもあるけど、マレーシア人の主食はやはりお米です。

地元の人に「好きな食べ物は?」と聞いたら、何人か「白ごはん」と答えてくれました。家庭でごはんがよく食べられているのがわかります。炊きたてのごはんはこちらでもおいしいです。

今回は、マレーシアのごはんメニューについてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

お店で食べるごはんメニュー

飲食店に行くと、ナシゴレン (炒飯)ナシアヤム(鶏肉とごはん)をはじめ、ごはんメニューがたくさんあります。

ナシというのがマレー語のごはんという意味です。

ナシアヤム

image

ナシアヤム

上の写真はナシアヤムと言って、ご飯とセットで揚げたか焼いた鶏肉にタレがかかって出てきます。

アヤムというのが鶏肉なので、メニューを直訳すると「鶏めし」なのですが、鶏肉とご飯は別々に調理されています。ご飯はショウガやしょうゆで味付けされていることもあります。

マレーシアでは定番のメニューです。

【関連記事】

エアアジアの機内食で、マレーシア料理を食べてみよう
エアアジアの機内食で、マレーシア料理を食べてみよう
エアアジアに乗るときには、機内食はオプションなのでつけなくてもいいのですが、お腹が減るので、最近は一品注文するようにしています。 マレーシ...

ナシゴレン

はじめはよく分からないので、知っているメニューを注文することになり、ナシゴレン(炒飯)ばかり頼んでいました。

それでも、ナシゴレン・アヤム(鶏肉入り)、ナシゴレン・USA、ナシゴレン・パタヤ(薄焼き卵が上にのせてある)などとバリエーションも楽しめます。

ナシゴレンは、マレーシアでは定番のメニューで、ほとんどのお店で注文できると思います。

ごはんとおかず

白ご飯をベースに、おかずを選んで注文する形式のお店も多いです。

特にランチタイムはビュッフェスタイルで、白ご飯をお皿に盛ってもらい、好きなおかずを選んで自分でよそったり、お店の人に入れてもらったりします。

お店によって、どれだけのせても同じ値段のところもあれば、選んだ種類や量によって値段が変わるところがあるので、予算とお腹の空き具合によって注意が必要です。

肉や魚を揚げたり煮付けたりしたおかずは、1個いくらかで決まっていることが多いです。食べれる分だけ注文するといいですよ!

ナシレマ

ナシレマというのもあります。ココナッツ風味のごはんピーナッツ煮干しゆで卵ピリ辛のチリソースがトッピングされています。チリソースや具材を全体に混ぜてから食べます。

エスニックな感じがして、なかなかおいしいです。

昔は、一食分ずつバナナの葉に包まれていたそうです。最近お店で見るものは、クッキングペーパーのような紙に包まれています。

nasirumah

店先で一食60円くらいで、持ち帰り用のナシルマを売っていたりして大変便利なのですが、実際に家庭で作るのは結構手間がかかるらしいです。

それぞれの家庭の味がありそうですね。

お米の種類

細長い種類が多いのですが、その中でも普通米から高級米までいろいろあります。

ブラウンライス

ブラウンライスというのは、日本だと玄米のような感じです。食べごたえがあります。マレーシアでも健康志向の家庭では、ブラウンライスを食べているようです。この種類も、粒が細長いです。

img_1574
味わい深く、腹持ちがいいです。日本の玄米よりも食べやすい気がします。好みもありますが、白米のほうが食べやすいと思います。

白米(ナシプティ)

白米

白米

プティというのは、白いという意味です。

日本米ほどではありませんが、わりと粒が丸い種類もあります。試した中では、粒の丸い種類のほうが価格が少々高い傾向にあります。

紫米

紫米もあります。

色は日本でよく見る紫米と同じですが、米粒が細長いです。白ごはんに混ぜると、全体がうっすら紫色に炊きあがります。

家で炊くごはん

うちでも、現地のお米を炊いて食べています。わりと粒の丸い種類のお米を食べています。なかなかおいしく炊けますよ。

このお米で、おにぎりやお寿司も作れます。

握り寿司は刺身を探すのが難しいので、ちらし寿司、手巻き寿司、のり巻きがメインです。

日本料理の寿司は有名ですし、海外の方々も好きな人が多いので、おもてなしのメニューにも良いかもしれません。

日本米と全く同じではありませんが、おいしく料理を楽しめます。

粒がかなり細長い品種は、少しぱさぱさしてまとまりにくいですが、それはそれでチャーハンが作りやすいです。ちょっと料理が上手になった気分がします。

ビーフン

麺になりますが、米の粉から作られるビーフンもよく食べられています。

スープ、焼きビーフン、と味付けもいろいろです。米の粉なので、あとから麺が伸びにくいようです。あっさりしていて食べやすいですよ!

見た目はそうめんのような感じです。

まとめ

一年中暑いマレーシアでは、さらっとした軽い食感の現地のお米も食べやすいかもしれないな、と思うこのごろです。

マレーシアの料理の記事

マレーシアの食べ物
マレーシアの食べ物
中華系、インド系の人も一定の割合で暮らしているので、中華料理やインド料理店も多くあります。それらのお店でもマレーシアらしさが合わさっています...

【旅行の準備に】

【JTB海外航空券】検索結果は空席のみ!さらに手配発券手数料無料!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク