シロハラクイナを見かけました

シロハラクイナ

こんにちは、白原です。

最近、東南アジアに行ったときに見かけてから、シロハラクイナという鳥がとても気に入っています。

シロハラクイナの見た目はちょっとペンギンに似ています。顔とお腹のあたりが白くて背中のほうは黒いのが特徴です。大きさも、ペンギンと同じくらいで、ハトとアヒルの中間くらいの大きさです。体は細身です。

スポンサーリンク

足がはやい

草の茂みから、ササッと出てきて、道路を渡って行きました。

「あれっ、今走っていった鳥かわいい!」

と印象に残りました。

シロハラクイナ

シロハラクイナ

東南アジアに旅行中にひょっこり出会い、見た目の特徴から、あとで名前を調べました。東南アジアに多くいて、日本でも石垣島など、南方の地域で生息しているようです。

発見したとき、シロハラクイナは早足でしたが、どうやら飛ぶのが苦手のようです。

でも実は少しは飛べるようで、道路を低空飛行で横断したりします。

道路脇の木に向かって飛んだりもします。

しばらく走ってから、ようやく飛び立ちます。一生懸命飛んでる様子からすると、やはり長距離は飛ばない感じがします。

あまり飛ばないので、電線や木の枝の上ではなく、地面のほうで見かけることが多いです。

ちょくちょく見かけますが、足が素早いので、なかなか写真を撮れないでいます。

ヒナたち

時期によっては、ヒナのシロハラクイナも、親鳥の後について道路を横切るのを見ることができます。

ヒナは、まだ模様がしっかりしていなくて、全身が黒く、羽毛がちょっとふわふわしています。

親鳥ほどすばしこくないのですが、一生懸命に走る様子がかわいいです。

道路を渡る生き物たち

後日、シロハラクイナを見かけたときは、のんびりしていました。車が通る道沿いで見かけることが多いので、ひかれないようにね、と思いながら見守っています。

たいていは、すぐ道路の横の茂みに隠れてしまうので、写真を撮るのは難しいですが、それくらい用心深くあって、車をよけていってくれているほうが安心です。

よく見ると、ときどき道路をいろんな種類の生き物が横切っています。

シロハラクイナのほかにも、犬、サル、リス、大トカゲ、家畜のヤギ、ウシ、アヒル、ニワトリなどです。

ヤギ

ヤギ

犬や牛などは特に、あまり車をよけようとしていないような感じがします。車のほうが注意して避ける必要があります。

※ 生き物についての関連記事

田舎のニワトリたち

マレーシアで大トカゲを見ました!!

のんびりしているマレーシアの犬たち

ちょっと上の方の、電線にもきれいな青い背中のカワセミに出会うこともあります。ただの移動中でも、外の景色の方から目が離せませんね。

※ カワセミの関連記事

マレーシアの鳥たち
マレーシアの鳥たち
熱帯雨林地域の、自然が残っていることもマレーシアの魅力のひとつです。日本ではあまり見かけない生き物たちに出会うと、嬉しくなります。 野...

まとめ

最近は、出かけるときに、珍しい生き物に出会えないかキョロキョロするようになりました。

東南アジアにお出かけのときには、シロハラクイナを探してみてくださいね。

ちょこちょこっと横を走り抜けて行くところに出会えるかもしれません。

【旅行の予約・準備に】

格安航空券やホテルを探しやすいサイトです。

驚きの価格!海外格安航空券 スカイチケット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする



スポンサーリンク